インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。

特に、歯周病顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することが必要条件です。

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。

ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。

人工歯としてのインプラントは当然、虫歯にはなりませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎の症状かもしれません。

放置すると炎症が広がるので至急歯科医にかからなければなりません。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスをしなくて良いとは誰も言っていません。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、完璧なセルフケアを目指してください。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

インプラント埋入手術では、術中、痛さを心配する必要はありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術に取りかかるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みを感じることもあります。

痛みに備えて、頓服薬を処方されるので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終わるとその状態を保たなければならず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールは欠かせませんし、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが、インプラント維持のために必要です。

インプラント自体は人工歯ですが、日頃のケア次第でいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。