インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

新たな歯科医療の形として注目されてい

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント

その耐用年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当医の技量によっても変わるようです。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、その分、人工歯の寿命も左右されてしまうのです。

全てのインプラント治療にとって大事なのがどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため様々な症例を診てきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

それだけでなく、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止に努めている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも歯科医を決めるためには重要なことです。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使っているためです。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、ほぼ全額自費とみるべきです。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安や誤解がないでしょう。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、手術箇所が落ち着くように、安静に生活するよう気をつけてください。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、明らかに負荷がかかるレベルの運動は避けた方が良いです。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

日常的に運動を続けている方なら、いつから再開して良いか、歯科医と話し合うと安心できます。

例外はありますが、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり収入から医療費を控除されます。

確定申告をするときの注意点として歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。