インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

長年放っておいた虫歯があり、抜歯し

長年放っておいた虫歯があり、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラントの方が良いと考えました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

インプラントで噛むようになり、しばらくして自分の歯と同じように噛めたのでインプラントにして良かったと思いました。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはそれによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など人体への親和性が極めて高い素材を用いているのです。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費と考えてください。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。

インプラント治療の大きな問題は、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

保険適用されることはごくまれで、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差はかなりありますし、どの歯科医院を選ぶかによっても思いの外費用は違ってきます。

治療が終わっても、ずっと定期検診があるといったことも他の歯科治療と異なります。

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根部からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので違和感が比較的少なく、手入れしながら、長い期間使うことができます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根部が残っているかどうかの違いです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、根のケア次第で冠状の義歯としてクラウン治療が可能になります。

抜歯した場合の選択は、入れ歯以外ですと、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。