インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブ

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

見た目の問題を考えるとほとんどの場合、インプラントが高い評価を得るでしょう。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというデメリットも承知してください。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

なぜ適用されないかというと、この人工歯治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせの調整などに時間がかかり完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

もしこの治療が保険適用だったら、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つのハードルを越えなければなりません。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

という段階を踏みます。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにそのコネクション部分の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は統一されておらず、歯科医院によって大きく異なります。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため金額は歯科医院次第です。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的な相場とみて良いでしょう。