インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント埋入手術の直後、埋め込んだ周

インプラント埋入手術の直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

これは、人工物を埋め込んで付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、異変を感じた場合は間を置かず歯科医の診療を受けることに努めましょう。

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーの発症例も少なくなっています。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療に取りかかるため安全性を確認しながら治療を受けられます。

それから、治療後には、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

インプラント埋入手術を受けても、大して痛くないのが普通です。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を始めるためです。

術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。

痛み止めは頓服として処方されますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして検査の段階で断られることもあります。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

歯科医の腕と設備次第で、従来はできないといわれていた症例でも治療ができるようになっています。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で調べ、 相談してください。

年々利用者が増えてきたインプラント

その施術とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。

入れ歯などの方法と比べると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの洗練されたセンスとスキルを欠かすことは出来ません。

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。