インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラ

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術の本番に入るためです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては多少の痛みはあるかもしれませんが化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材でできているからです。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安なく進めていけるでしょう。

典型的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのが大まかなプロセスです。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

どんな完璧なインプラント治療でも、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、日々のケアが欠かせません。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールに注意を払い、さらに定期的な検診を欠かさず継続することが欠かせません。

インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないと歯周病になることは珍しくありません。

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント

その人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが必須になってきます。

これには大変な手間と時間がかかりますから、その分、インプラントの人工歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。