読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終われば後はほ

どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、デンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎日、しっかりブラッシングすることでいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらう必要はずっと続きます。

インプラントが虫歯になることはありませんが、ひとたびケアの手を抜けば歯周病になることは珍しくありません。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的に歯科医に診てもらう必要があるため当然、その度に費用を支払います。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うのが一般的です。

定期検診にかかるお金は基本的に保険が適用されるので三千円程度かかることが多いです。

標準的には、一年に1万円から2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、安堵するのはまだ早いのです。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、どうしても自分次第のところがあります。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、その通りのケアを心がけてください。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

一般的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

治療の一部を保険適用にするだけでも、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。