インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

これはインプラント治療が最適、とされるのは

これはインプラント治療が最適、とされるのは他の健全な歯を傷つけるのは避けたいといったケースです。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすればブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので該当する歯の分だけ治療することになります。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと要望があるケースではインプラント治療を考えた方が良いですね。

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

保険適用のケースはほとんどなく、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によってもかなり費用が違うことも確かで、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることはもちろんです。

そして、定期検診にも費用がかかってくるということも覚えておきましょう。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療に取りかかるため安全性を確認しながら治療を受けられます。

そして、治療終了後のメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

どんな完璧なインプラント治療でも、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

デンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが必須条件です。

インプラントが虫歯になることはありませんが、普段のケアができなくなると歯周病などのリスクが増します。

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、高額になることを知っておいてください。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。

現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれると数倍の費用がかかるケースもあることを重々承知しておいてください。