読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

なぜ適用されないかというと、インプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、トータルの治療費用は高額になってきます。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は全くありませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから即刻診断を受ける必要があります。

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、麻酔のために入院することはまずありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院が必要になることもあるので、注意してください。

自分が当てはまるという方は、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費が気になるのは当然です。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は統一されておらず、歯科医院によって幅があるのが普通です。

なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用設定は歯科医院に完全に任されています。

それでも、相場はあると言えます。

歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場だと押さえておきましょう。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので成功例ができるだけ多い、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

それだけでなく、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止に努めている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。