インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントならば、他の人工歯と比べて

インプラントならば、他の人工歯と比べてもしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはこの治療の良さでもあります。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だから歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

歯科医の腕と設備次第で、それまでインプラントは適用されなかったケースも治療ができるようになっています。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で十分調べてください。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療は様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんに最適な治療方法になります。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選ぶしかないという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは自分の歯に近い噛み心地が得られ、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うごく一般的なインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。

このため、歯科医院を探すときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが治療の成否に関わる問題です。

院内感染防止の対策をきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、そこで調べるのも良いでしょう。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前はしなかった口臭がするようになったということもままあるようです。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、インプラントと隣の歯の間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているという可能性もあるのです。

より深刻な事態を食い止めるためにも、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。