読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

技術の進歩した今では、インプラント手術を特に専門

技術の進歩した今では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それも皆無とはいきません。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。

これは担当歯科医の技量の低さの影響が多分にあります。

高い技量を持つ歯科で治療を受けるようにしましょう。

年々利用者が増えてきたインプラント

その施術とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの熟練の技が必要不可欠と言っても過言ではありません。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。

インプラントの特徴として虫歯の危険性は全くありませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診を忘れることはできません。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察を受けましょう。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、何といっても費用の問題でしょう。

保険適用のケースはほとんどなく、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療なので、歯科医院ごとに相当差が開きます。

そして、定期検診にも費用がかかってくるといったことも他の歯科治療と異なります。

本当に選りすぐりのインプラント専門の優れた歯科医を探したいならば、日本だけでなく、海外の歯科医を探すというのもありえます。

インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには安易に妥協せず、できる限りの情報を手に入れることをがんばってみましょう。