読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもあるのです。

また、治療の失敗内容によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるという重大な問題もあります。

まれな症例として、死亡事故も実際に報告されています。

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、その条件はとても厳しいのです。

検査など、治療の一部しか保険がきかないのが負担が大きくなる原因です。

インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しい治療を受けるケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを重々承知しておいてください。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療なので、歯科医院ごとに相当差が開きます。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないといったことも他の歯科治療と異なります。

様々なインプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べたと思います。

問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという話があったのではないでしょうか。

それは本当のことではありません。

確かに、MRI検査では磁気を使うので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなのでチタンの特性として、磁気には反応しないためそのため、MRI検査は問題なくできます。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使って作られているためです。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費と考えてください。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくとベストだと思います。