読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、まだ定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で本来の歯同様の耐久性を得られると考えていいようです。

ということは、日頃のケアを欠かさなければかなり長い間保たせることができますが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうるという押さえが必要です。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、埋め込む所がないので使えません。

さて、そこでインプラントですが、これはチタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

保険適用のケースはほとんどなく、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差はかなりありますし、自由診療のため、歯科医院によっても相当差が開きます。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないという点にも注意が必要です。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすれば国外までも探しにいくということも考えていきましょう。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるならそう簡単に断念せず、できる限りの情報を手に入れるしかありません。

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると他の人工歯を使った治療に比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

これを保険適用にしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。