読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れを必要としないと考えてはいけません。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

残存している歯と同様に歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればもう少し粘ってみてください。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療ができるようになっています。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で調べ、 相談してください。

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根部からほぼ元通りになる人工の歯を作ることだと考えてください。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根からあごの骨に埋め込んでいるので自分の歯と同じような強度があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療にお金がかかることは承知しておいてください。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、現状では確実な説はありません。

治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保つとされています。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間トラブルなく使うことも可能ですが、セルフケアの手を緩めるとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと考えなければなりません。

よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることは本当に少ないという点です。

見た目からしても、自分の歯のように自然な感じを保てるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯を入れたと気づかれることは考えなくて良いのです。

費用や期間より、見た目重視の方にとって優先したい治療方法ですね。