インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいと思ったら大間違いです。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病を引き起こすこともあるのです。

残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、完璧なセルフケアを目指してください。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療成功の絶対条件となります。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は例外なく阻害する働きをします。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はしっかり禁煙するべきでしょう。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で強い痛みを感じることはないと思ってください。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術の本番に入るためです。

術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから当然、その度に費用を支払います。

普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うのが一般的です。

この定期検診に必要なお金は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。

代表的なインプラント適用のケースは、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという場合があります。

ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これが、インプラントの埋入なら該当する歯の分だけ治療することになります。

両隣の歯は健常なので、削りたくないと考えている患者さんには、やはりインプラント適用が一番でしょう。