インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用がか

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用がかさむことに尽きます。

ほとんどのケースは保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療なので、歯科医院ごとにずいぶん費用は変わってきます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかることも念頭に置きましょう。

人工歯としてのインプラントは噛んだときに安定しており、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもこの治療の良さでもあります。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だから歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに丈夫に作られていることはいうまでもありません。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

せっかく完了したインプラント治療も治療後も快適な状態を維持するために日々のケアが欠かせません。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールに注意を払い、さらに異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ひとたびケアの手を抜けば歯周炎などの可能性があります。

インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどなので、気にしないでください。

しかし、他の原因から生じることもあるので、異変を感じた場合は歯科医の判断を仰ぐことを心がけてください。

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクはあります。

インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものの問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの審美的な問題が起こることもあります。

失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はよく考えて決めてください。