読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントはメリットの大きい治療法です。け

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、そのマイナス面も知らなければなりません。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

難しいケースでは数十万円かかるケースもあるのです。

それから、治療が失敗すると、場合によっては取り返しがつかない健康被害が起きる危険性も承知しておいてください。

障害が残るばかりか、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は当然、虫歯にはなりませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはずっと続きます。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

感染が重篤化する危険性があるので早急に診察してもらわなければなりません。

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療にかかる費用は気がかりでしょう。

現実には、治療費といっても歯科医院や歯科医によってずいぶん違っています。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に設定できるのです。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的です。

入れ歯で食べることに抵抗がある、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもぴったりくるのはインプラントです。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

どうしても外見や噛み心地を譲れない方にふさわしい治療です。

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

既往症に歯周病顎関節症があるとすれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかる問題が生じます。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも事故を引き起こす可能性が増します。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療不可と決めつけることはできないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。