読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯科医によっては、この患者にはイ

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療は決して不可能ではありません。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で十分調べてください。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、しばらくの間、極力安静に過ごすのが無難です。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、負荷がかかる身体運動はしばらくの間は控えましょう。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

運動を習慣にしている方の場合はいつから再開して良いか、歯科医と話し合うと安心できます。

インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので維持費がかかることを知っておきましょう。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うのが一般的です。

定期検診にかかるお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため約三千円とみれば良いでしょう。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の費用を支払うことになります。

インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が損なわれていなければ上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。

その一方で、歯を抜いてしまった場合まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。

インプラント治療には隠れたメリットがあります。

仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。

見た目からしても、自分の歯のように自然な感じを保てるのでインプラントだとカミングアウトしなければこれは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。

費用や期間より、見た目重視の方にとっておすすめしたい治療法です。