読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どんな治療法にもリスクや問題はありま

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨の中にインプラントが埋まらなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

それに、埋入手術の際には周辺の神経を損傷する危険性もあります。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用がかさむことに尽きます。

保険適用のケースはほとんどなく、全て自由診療になることが当たり前ですから何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても一概に費用を決められませんし、自由診療なので、歯科医院ごとに思いの外費用は違ってきます。

そして、定期検診にも費用がかかってくるという点にも注意が必要です。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

これは、人工物を埋め込んで周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、インプラントがなじむまでの間は特に、歯科医の判断を仰ぐことに努めましょう。

インプラントについて、簡単に説明すれば何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代用となる人工歯づくりを指します。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根を骨に埋め込むことによって強度や使用感が天然歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

どこの歯科医の手術でも、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術に取りかかるためです。

術後、腫れがでるのに伴って痛くなってくることもあります。

痛み止めは頓服として処方されますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。