読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

残念ながら、インプラント治療は普通は保

残念ながら、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

確定申告の一項目として、医療費控除はすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

確定申告を行うときには、歯科医で発行した領収書はお金を払った証明になるのでなくしたらおしまいのものとして他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

今流行りのインプラント

一度埋め込めばその効果は普通にしていれば一生物などと言われますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当医の技量によっても変わるようです。

ろくに歯磨きもしないでいると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も左右されてしまうのです。

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の腕次第で決定的な違いが出てくると考えられます。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと考えて欲しいのです。

とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療全体の大きな部分を占めます。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので埋入手術後はどの患者さんも多少の違和感があるといいます。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから違和感を感じてもくれぐれも触らないようひたすら辛抱が大事です。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

大至急歯科医にかかってください。

虫歯をひどくしてしまい、とうとう抜歯を迫られました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて自分の気持ちが固まりました。

自費診療なので、かなりの額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん自分の歯と同じように噛めたのでこれで良かったと実感しています。