読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

簡単にインプラントとクラウンの違いを

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせる治療ができます。

その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプに分類することができます。

骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているものが1ピースタイプです。

他に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、パーツ同士の結合部の形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

手術後しばらくの間、患者さんは人工物を入れられた違和感を感じています。

腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように我慢あるのみです。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染が起きないと言えません。

ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、キーポイントの一つです。

院内感染防止の対策をウェブサイトの中で説明している歯科医院も確実に増加していますので、真っ先に見ておきたいところです。

全てのインプラント治療にとって大事なのがどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるので様々な症例を診てきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それはもちろんのこと、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止に努めている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども重要なチェックポイントになります。