インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療の大きな問題は、費用

インプラント治療の大きな問題は、費用の問題も大きいと思います。

保険適用のケースはほとんどなく、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差が出てきます。

また、自由診療なので、歯科医院ごとにずいぶん費用は変わってきます。

また、定期的なメンテナンスも必要点も知っておく必要があります。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

その点は、担当医の技量に加え、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、必ずしもこうなるとは言えず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みの治まる気配がないときは、直ちに歯科で診てもらってください。

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工の歯を作ることだと考えてください。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため残った歯と同じような使用感があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用を払いきれるかどうか心配になる方もまだまだ多いのです。

それでも、クレジットカードが使えるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような分割払いに申し込める歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

全ての費用を現金一括払いできなくても、自分が希望する治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医でないとできないなら、国外までも探しにいくことも考えるべきです。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、すぐにあきらめることなく、可能な限りの情報を集めることが夢をかなえるためには大事です。