インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どんなインプラントも虫歯になる可能性はゼ

どんなインプラントも虫歯になる可能性はゼロですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングを忘れることはできません。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。

自然に治ることはありませんので、早急に診察を受けましょう。

インプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べたと思います。

その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという問題はありませんでしたか。

それは本当のことではありません。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なのでチタンの特性として、磁気には反応しないためなので、MRI検査には影響ないと考えてください。

インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないといったケースです。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、該当する歯の分だけ治療することになります。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると要望があるケースではインプラント治療を考えた方が良いですね。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、制約もあるので覚えておきましょう。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラントの利用が不可能と診断されるかもしれません。

ご存じの通り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

確定申告の一項目として、医療費控除はすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

確定申告をするときの注意点として歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費の支払い証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。