インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばど

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

インプラント埋入手術では、術中、痛くて我慢できないことはまずありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて本格的に手術を始めるためです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては多少の痛みはあるかもしれませんが痛みに備えて、頓服薬を処方されるので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

長く根気のいるインプラント治療。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、ケアはそこで終わりではありません。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、治療後のメインテナンス次第なのです。

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。

正しい方法を歯科で教えてくれるので、サボらず毎日のケアを行ってください。

歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。

加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

なぜ適用されないかというと、この人工歯治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより時間も手間もかかるからです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせの調整などに時間がかかり全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

治療の一部を保険適用にするだけでも、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は見過ごしてはならないレベルです。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復がその後の治療に関わる重要な問題です。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が確実にマイナスの作用があります。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、思い切って、治療が終わるまでの間はしっかり禁煙するべきでしょう。