読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

義歯が自分の歯と同じように使えるようになれ

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず当然、その度に費用を支払います。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うことを指示されます。

メンテナンスの費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならずたいていは三千円程度に収まります。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を見込んでおいてください。

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用が負担となる方も決して少なくありません。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどの名称で信販会社が作ったローンを利用できる便利な歯科医院も多くなってきました。

全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラント治療に取りかかることは実現できるようになりました。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから以前と比べて息のニオイが気になるという話もままあるようです。

これはなぜでしょうか。

一つには、インプラントと隣の歯の間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているケースもあり得るのです。

より深刻な事態を食い止めるためにも、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨と一体化して安定した歯根となりやすく材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療に取りかかるため納得した上で治療を始められます。

そして、治療終了後のメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再手術を迫られ、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。