読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

安易にインプラント治療を始めることはおすす

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

インプラント以外の治療はできないという患者さんが受ける治療です。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由で必然的にインプラント治療になる患者さんが多くを占めます。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医がどのような技量を持っているかで差は大きいと断言できます。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと言えます。

歯科医選びに全力を尽くすことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使って作られているためです。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安や誤解がないでしょう。

長く根気のいるインプラント治療。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、ケアはそこで終わりではありません。

インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、その通りのケアを心がけてください。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体の損傷、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど外見が損なわれる可能性もあります。

リスクをできるだけ減らすためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。