読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

治療ではインプラント埋入手術が

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院することはめったにありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

これらのケース、その他の困難なケースであれば長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

インプラント治療による危険性をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという話があったのではないでしょうか。

でも、気にしなくて良いです。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためなので、MRI検査には影響ないと考えてください。

インプラント治療には隠れたメリットがあります。

仮歯を入れてから、義歯だといわれることはめったにありません。

一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないので義歯を入れたと気づかれることはほとんどありません。

前歯など、自然に見せたい歯の場合はおすすめしたい治療法です。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の技量は厳しく問われるので大きく違ってくると言うべきです。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療の成否を決めるのです。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント

しかし、この治療法も決して万能ではなく、制約もあるので覚えておきましょう。

何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているということです。

これは重要な事実です。

いくつか例を挙げると、抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうことがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。