読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

最近話題になることも多い治療法であるインプ

最近話題になることも多い治療法であるインプラント

ですが、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるかもしれません。

インプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。

その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという問題はありませんでしたか。

でも、気にしなくて良いです。

確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

インプラントには主にチタンが使われており、金属ですが、磁気には反応しません。

そのため、MRI検査は問題なくできます。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それも皆無とはいきません。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。

これは担当歯科医の技量の低さに原因があると言ってよいでしょう。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

ろくに歯磨きもしないでいると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、義歯の耐用年数自体が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず当然、その度に費用を支払います。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

定期検診にかかるお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず約三千円とみれば良いでしょう。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の出費は必要です。