読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療にかかる費用を合計すると標準的な

インプラント治療にかかる費用を合計すると標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって費用の差になってきますので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。

ここで重視すべきなのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

もしこの治療が保険適用だったら、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、アフターケアが寿命を決定します。

食後の丁寧な歯みがきによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが欠かせません。

どんな堅牢なインプラントでも、ケアが十分でないといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後はしばらくの間、極力安静に過ごさなければなりません。

普段よりも静かに過ごすようにして負荷がかかる身体運動は避けた方が良いです。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

運動を毎日のように行っている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前はしなかった口臭がするようになったということもままあるようです。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症していることも考えられるので、放置はできません。

そのようなケースでは、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。