読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯に

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術を持ち合わせていなければなりません。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、その分、インプラントの人工歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の一大関門となります。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙あるのみです。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は全くありませんが、歯周病には気をつけてください。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはずっと続きます。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑ってください。

自然に治ることはありませんので、即刻診断を受ける必要があります。

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、デメリットも知った上で選択してください。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

ケースによっては数十万円の負担になるケースもまれではありません。

加えて、治療が失敗して取り返しがつかない健康被害が起きるリスクも背負っています。

ごくまれなことですが、手術後の死亡例もあります。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは多少の違和感があるといいます。

腫れがおさまると違和感は薄れるため違和感を感じてもくれぐれも触らないよう歯みがきも気をつけてください。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。

大至急歯科医にかかってください。