インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントと

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、ブリッジよりインプラントの方が高い評価を得るでしょう。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという覚悟もしなければなりません。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の腕次第で決定的な違いが出てくると考えられます。

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと考えて欲しいのです。

良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療の成否を決めるのです。

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと歯の根元が骨に埋まっているので強度や使用感が天然歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費が高額になることは問題点です。

虫歯がかなり悪化して、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、自分の気持ちが固まりました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

インプラントで噛むようになり、しばらくして虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントが正解だったと思います。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材から作られています。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが一番良いでしょう。