読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしま

虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジという選択肢もありましたが、このような場合、インプラントにもできますと説明され治療を受ける決心がつきました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。

インプラントで噛むようになり、しばらくして噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントが正解だったと思います。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨との親和性が高くアレルギーの発症例も少なくなっています。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的な治療がスタートするので安全性を確認しながら治療を受けられます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを欠かさず継続することで安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどんな歯科医にかかるかです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全て歯科医の腕に任されているのでかなり治療実績には差があると考えられます。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと考えて欲しいのです。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。

インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という段階を踏みます。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、歯がグラついて違和感を覚えるというケースも稀に報告されています。

これは担当歯科医の技量の低さに原因があると言ってよいでしょう。

高い技量を持つ歯科で治療を受けるようにしましょう。