インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントは他の歯に影響な

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。

人工歯根を埋め込んだことで、その周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間が経つにつれておさまってくるケースが圧倒的に多いです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、異変を感じた場合は放っておかずに歯科医にみせることが治療を成功させるために必要です。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんにお薦めします。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になる患者さんが多くを占めます。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地は自分の歯に近く食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

どうにも入れ歯がしっくりこない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラントは最適です。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつけるため、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

義歯でも、見た目や使用感を譲れない方にふさわしい治療です。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

今では、どこで手術を受けても痛さを心配する必要はありません。

麻酔が効いたことを確認した上で手術に取りかかるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛くなってくることもあります。

痛みに備えて、頓服薬を処方されるので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいとは誰も言っていません。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

残っている自分の歯と同じく、歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。