インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。

健康保険が使えることもまれにありますが、その条件はとても厳しいのです。

普通は治療の全てが自費になるのがどうしても高額になってしまう原因です。

安くできるケースで十数万円、困難な治療が含まれると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを覚悟した上で始めなければなりません。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント

その義歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを持ち合わせていなければなりません。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、それだけ、セラミックの歯というものは金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、歯がグラついて違和感を覚えるといった不具合が起こる可能性もあるのです。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことの影響が多分にあります。

高い技量を持つ歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

インプラントは人工歯なので当然、虫歯にはなりませんが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはずっと続きます。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。

放置すると炎症が広がるので早急に診察を受けましょう。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

見た目の問題を考えるとインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が高い評価を得るでしょう。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというデメリットも承知してください。