読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯としてのインプラントは安定した使用感が得ら

人工歯としてのインプラントは安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはこの治療の良さでもあります。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れるのではと心配する必要はありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は費用の問題も大きいと思います。

おおむね保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差が出てきます。

また、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることはもちろんです。

治療が終わっても、ずっと定期検診があるという点にも注意が必要です。

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、入院して手術することはまれです。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院して手術しなければならないケースもあります。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院して手術するケースも実際にあります。

このような難しい治療を行う場合、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

技術の進歩した今では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それも皆無とはいきません。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食事の際にグラグラと動いてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に原因があると言ってよいでしょう。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。

インプラントについて、簡単に説明すれば虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。