読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

入れ歯や差し歯に代わる技術として注

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント

その義歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必要不可欠です。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、技術的なコストもかかり、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、何といっても費用の問題でしょう。

保険適用のケースはほとんどなく、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差はかなりありますし、自由診療のため、歯科医院によってもずいぶん費用は変わってきます。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないという点にも注意が必要です。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、ケアはそこで終わりではありません。

ずっと使い続けられるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、その通りのケアを心がけてください。

歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療終了後、義歯だと気づく人は本当に少ないという点です。

見た目からしても、自分の歯のように自然な感じを保てるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、義歯を入れたと気づかれることはいちいち考えなくて良くなります。

費用や期間より、見た目重視の方にとっておすすめしたい治療法です。

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので埋入手術後はどの患者さんも違和感を生じるのが当たり前の反応です。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみです。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。

急患でも診療を受けることが必要です。