読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラン

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着させるので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨の中にインプラントが埋まらなければ再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、ケアはそこで終わりではありません。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、サボらず毎日のケアを行ってください。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療全体を通して、相当な出費になります。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、一般的なケースではなく、普通は治療の全てが自費になるのが負担が大きくなる原因です。

現状では最低線が十数万円、難しいケースでは費用が数倍にもなる可能性があることを覚悟した上で始めなければなりません。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材を用いているのです。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、ほぼ全額自費とみるべきです。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安なく進めていけるでしょう。

これはインプラント治療が最適、とされるのは他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという患者の希望がある場合です。

ブリッジ治療で考えると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これが、インプラントの埋入なら周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方にはインプラント治療を優先して良いでしょう。