読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント埋入は外科手術なので、術後

インプラント埋入は外科手術なので、術後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごさなければなりません。

日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらくの間は控えましょう。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

日頃から運動をしている方は、いつから再開して良いか、歯科医と話し合うと安心できます。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

高額のケースでは、数十万円必要になることも珍しくありません。

そして、治療にミスや失敗があると取り返しがつかない健康被害が起きるという重大な問題もあります。

障害を負うにとどまらず、手術後の死亡例もあります。

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費用が負担となる方もずいぶん見受けます。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社が作ったローンを利用できる便利な歯科医院も多くなってきました。

治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、治療を始めることはできるケースが増えました。

インプラントの利用を考える際に、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

その点は、担当医の技量に加え、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、どうなると言い切ることはできず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

鎮痛剤を飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みの治まる気配がないときは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーの発症例も少なくなっています。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的に治療をすすめていくので納得した上で治療を始められます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。