読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

代表的なインプラント適用のケー

代表的なインプラント適用のケースは、周辺の歯に関係なく治療したいと、患者が考えている場合です。

ブリッジ治療で考えると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯を直接再生する治療と言えます。

両隣の歯は健常なので、削りたくないという事情のケースなら、インプラント治療を考えた方が良いですね。

今流行りのインプラント

一度埋め込めばその効果は原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、その分、人工歯の寿命も短くなってしまいます。

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。

高額の費用を一度に用意できない方も多いのが当然です。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、いわゆるデンタルローンのような信販会社が作ったローンを利用できる融通の利く歯科医院が多くなりました。

手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療に取りかかることは実現できるようになりました。

がんばって終わらせたインプラント治療も、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

不断のケアが求められます。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしていわゆるプラークコントロールを完璧に行い、定期的な検診を欠かさず継続することが欠かせません。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが行き届かなくなると歯周炎などの可能性があります。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足の影響が多分にあります。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。