インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療による危険性を

インプラント治療による危険性を皆さん、入念に調べたと思います。

その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という説があったのではないでしょうか。

それは本当のことではありません。

確かに、MRI検査では磁気を使うので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属ですが、磁気には反応しません。

そのため、MRI検査は問題なくできます。

代表的なインプラント適用のケースは、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。

例えば、ブリッジ治療をするためにはブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯だけを根元から再生する治療になります。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると要望があるケースではやはりインプラント適用が一番でしょう。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に選択肢としてインプラント治療があります。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつけるため、費用がかかることは確かですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを譲れない方にふさわしい治療です。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

アフターケアが寿命を決定します。

毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールに注意を払い、さらに自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることを続けなければなりません。

インプラント自体は人工歯ですが、日頃のケア次第で歯周病になることは珍しくありません。

インプラントはどのくらい保つのか、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保たせることが可能とされています。

とすれば、普段のメンテナンス次第でかなり長い間保たせることができますが、日頃のケアが行き届かないとインプラントの維持が難しくなってしまうという押さえが必要です。