インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

虫歯をひどくしてしまい、結局、

虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラントの方が良いと考えました。

保険がきかないため、高額になりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントが正解だったと思います。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に出会おうとすれば、国外までも探しにいくというのもありえます。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、そう簡単に断念せず、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることが夢をかなえるためには大事です。

保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。

普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯科医の評判によっても治療費には大きな開きがあります。

複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療を始めても、決して遅くありません。

ここで重視すべきなのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその都度、費用がかかります。

普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うのが一般的です。

メンテナンスの費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいかかります。

従って、年間1、2万円くらいの出費は必要です。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

見た目の問題を考えるとブリッジよりインプラントの方が優位に立ちます。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。