インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うごく一般的なインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、大事だと心得てください。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をきちんとホームページに載せている歯科医院も当たり前のようになっていますから、調べるときは参考になるでしょう。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

これは、人工物を埋め込んで周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどなので、気にしないでください。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、インプラントがなじむまでの間は特に、歯科医の判断を仰ぐことに努めましょう。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにそのコネクション部分の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。

特に要注意なのは歯周病顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのがとても大事です。

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。

もちろん、こうした既往症があるだけで治療の可能性はゼロにはならないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当医の技量によっても変わるようです。

口内のセルフケアを怠れば、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、それだけインプラントの使用可能年数も短くなってしまいます。