読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科の

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

特に、歯周病顎関節症の既往症があれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくことが必要条件です。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも事故を引き起こす可能性が増します。

今は、このような病歴があるからといって治療できないといわれる可能性は低いためきちんと歯科医に相談することが大事です。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は全くありませんが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスは手を抜くことができません。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

インプラントの利用を考える際に、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

この点は、歯科医の技量や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、誰にでも当てはまることではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みの治まる気配がないときは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

虫歯をひどくしてしまい、抜くしかなくなってしまいました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、このような場合、インプラントにもできますと説明され自分の気持ちが固まりました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

インプラントで噛むようになり、しばらくして虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでこれで良かったと実感しています。

インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどで必然的にインプラント治療になる患者さんが多くを占めます。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。