インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプ

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

今では、どこで手術を受けても痛くて我慢できないことはまずありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。

術後、腫れがでるのに伴ってだんだん痛くなってくることもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが自然な流れです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、治療中に異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることを忘れないでください。

インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部を支えとして残すことができれば冠状の義歯としてクラウンをかぶせることが可能です。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯以外ですと、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。

インプラントについて、簡単に説明すれば歯を抜いた、あるいは抜けた後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯づくりを指します。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

人工歯としてのインプラントは虫歯になる可能性はゼロですが、歯周病には気をつけてください。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスが必ず求められます。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、それはインプラント周囲炎の可能性があります。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。