インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部を支えとして残すことができれば上からすっぽりとクラウンをかぶせることが可能です。

抜歯した場合の選択は、もし、入れ歯を採用しない場合、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の技量は厳しく問われるので差は大きいと断言できます。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だということを理解してください。

とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療全体の大きな部分を占めます。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

まず、差し歯というのは、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合はそもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

さて、そこでインプラントですが、これは金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも利用できるのがインプラントの強みです。

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、それと裏腹のデメリットもあります。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

難しいケースでは数十万円かかることもあり得ます。

また、治療の失敗内容によっては取り返しがつかない健康被害が起きるというのも、デメリットの一つです。

まれな症例として、死亡事故も実際に報告されています。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところ現状では確実な説はありません。

定期的なメンテナンスが行われていれば自前の歯と同じレベルの耐久性を保てると考えていいようです。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期にわたって維持できますが、セルフケアの手を緩めると取り返しのつかない事態が起こってしまうという押さえが必要です。