読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

インプラント埋入手術では、術中、大して痛くないのが普通です。

麻酔の効き方を確認しながら手術するのが普通だからです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みが出てくるケースもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗をゼロにすることはできません。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目を損なってしまう問題もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、まだ定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で本物の歯に匹敵する耐久性があると考えていいようです。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間の使用も問題ありませんが、セルフケアの手を緩めると維持できなくなる異常も起こりうるということを忘れてはいけません。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすのが無難です。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、負荷がかかる身体運動はしばらく行わないようにしましょう。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

運動を習慣にしている方の場合は運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておけばベターです。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント

その手術とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの高レベルの医療技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。