インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

金属でできたインプラントを骨に埋め

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使って作られているためです。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費と考えてください。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安なく進めていけるでしょう。

数々のインプラント治療の問題点について、いろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという話があったのではないでしょうか。

でも、気にしなくて良いです。

確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査には問題ないのです。

人工歯としてのインプラントは当然、虫歯にはなりませんが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスは手を抜くことができません。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから即刻診断を受ける必要があります。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならこの人工歯治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも時間も手間もかかるからです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが一般的な説です。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長い間自分の歯と同じように使えますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ維持できなくなる異常も起こりうるという押さえが必要です。