インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯科治療の新たな形として注目されているインプラン

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント

その人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が必須になってきます。

いわば一点一点がオーダーメイドですから、技術的なコストもかかり、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント

ですが、便利な反面、制約もあるので覚えておきましょう。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないことです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする場合があることに留意してください。

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

とりわけ、歯周病顎関節症がある場合、治療を始める前に既往症を完全に治しておくことが必要条件です。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療にかなりの危険が伴います。

こうした病歴があっても、直ちにインプラント治療ができないわけではないためまずは歯科医に全て話しておきましょう。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、自分の歯がうずく反応もよくあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが多いです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、異変を感じた場合はすぐに歯科医に連絡することで早めの対応をしていきましょう。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と、歯科医院の決め方です。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるので症例数が多ければ多いほど良く、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

また、できれば治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているいつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。