読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、気に留めておくべきポイントがあります。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする可能性は高いといえます。

注意してください。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れなしで長持ちすると思ったら大間違いです。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

ろくに歯磨きもしないでいると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命にも影響が出ます。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的に歯科医に診てもらう必要があるため維持費がかかることを知っておきましょう。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医に診てもらうことになります。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険適用の治療が基本となり約三千円とみれば良いでしょう。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。

現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨の幅が足りない」ということならばまだあきらめなくて良いかもしれません。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療可能になっています。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことを勧めます。