読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

近年市民権を得てきたインプラント

近年市民権を得てきたインプラント

人工歯の組成には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを必要とする、高レベルな作業なのです。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題が起きる可能性もあります。

このような危険をできるだけ避けるために、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

治療の選択肢がそれしかない方に適用されます。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

様々なインプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。

その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという問題はありませんでしたか。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属ですが、磁気には反応しません。

なので、MRI検査には影響ないと考えてください。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療を始めても、決して遅くありません。

いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。